グラノーラとコーンフレーク・ミューズリーとの違い

グラノーラは大枠で言えばコーンフークと同じシリアル食品と言えるのですが、厳密に言えばグラノーラとシリアルは似て非なるものです。

さらにミューズリーというものもあるのをご存知ですか?

今回はこれらの違いを説明します。

まずミューズリーというのは、一流ホテルの朝食で出されることが多いものです。

グラノーラやシリアルと見た目は良く似ているのですが、コーンフレークは挽き割りされたとうもろこしを蒸した後に、ローラーでつぶし、乾燥させたものを指します。

オートミールはオーツ麦の外皮を取り除き、蒸して圧縮した後に乾燥させたものです。

ミューズリーはこのオートミールをベースとして、様々な穀物をブレンドした後にナッツやドライフルーツを混ぜ合わせたものなのです。

そしてグラノーラはこのミューズリーの中にハチミツや糖類、植物性油脂やシロップを入れてオーブンで焼いたもののことを言います。

現代では健康志向が高まっているため、パンと卵だけや、ステーキとごはんと言ったような栄養の偏った食事をする人は減っています。

しかし、かなりこだわって食材を意識して選ばなくてはバランス良く栄養素を摂取することは極めて難しいことです。

そこで、穀物が数種類は言っていて、ドライフルーツやナッツの歯ごたえもある美味しくて体に不足しがちな栄養素がたっぷり入っている食品はとても便利なのです。

少しの量で満足感が得られ、食物繊維もたっぷりで肌にも良いと言えるでしょう。

中でもミューズリーが一番栄養を含んでいます。

前の番から牛乳にミューズリーを浸しておくとしっとりして食べやすいですし、普通に牛乳やヨーグルト、はちみつやシロップ、ジャムを加えて食べるのもおすすめです。

コメント投稿は締め切りました。