健康的なグラノーラ

グラノーラは、穀類(燕麦や麦、トウモロコシや玄米など)に蜂蜜や黒砂糖、植物油をミックスしてオーブンで焼き、ココナッツやナッツ、そしてドライフルーツなどを混ぜ合わせて作られたシリアル食品の一種です。朝食として、グラノーラに牛乳やヨーグルトをかけて食べたり、そのままでもおやつにもなり食べられます。

栄養価が高いだけでなく、軽くて持ち運びに便利なので、キャンプやハイキングなどにも携帯できます。

グラノーラの始まりは19世紀後半のアメリカで、穀物をオーブンで焼いたものを細かく砕いた健康食品が開発されたことにあります。
その後の健康食品および自然食のブームの折りにグラノーラに人気が再び集まり、ココナッツやドライフルーツなどを加えることで変化をつけ、甘さを足して食べやすい形にしたことで現在の商品につながっています。

グラノーラは世界中で売られていますが、日本ではカルビーと日清シスコの2社の食品メーカーが販売しています。

今日では、「グラノーラ・バー」といって、グラノーラを棒状に固めたスティックタイプのものが人気を集めています。

グラノーラはゴツゴツとしている分、食べ応えが十分で、程良い甘みがあるので食べやすいです。

また、ビタミンや食物繊維、ミネラルなどをバランス良く配合しているため、一日に必要な栄養素を取得する助けにもなります。

最近ではレストランのメニューとしても売られており、スターバックスでもモーニングとして登場しているそうです。

健康的なだけでなく、おいしい食べ物として人気を博しています。

コメント投稿は締め切りました。